占い師になる方法

占い師ってこんなお仕事!占い師になって開業する5つのメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

占い師になって好きな時間に月10万円稼ぐ。

これはそれほど難しいことではありません。とくに今の社会的な環境の中では、占い師の需要はますます必要とされることが予想されます。

占い師が必要とされる理由

冥王星が社会体制を象徴する山羊座に入り、社会的なシステムが大きく変わろうとしています。今までの価値観のままではどんどん生き辛くなる、それが21世紀の社会です。

日本は物質的には豊かな国ですが、自殺者は年間3万人以上います。そのぐらい、今、心のケアを必要としている人がたくさん存在しているのです。

「どんな風に生きていけばいいのか?」そんな迷いや不安を抱えていない人はいない、といっても言い過ぎではないでしょう。

また失恋の痛み、叶わぬ恋に苦しむ気持ち、パートナーとの心のすれ違い、これはいつの時代も女性の心を悩ます問題ですよね。

家族や友人に話づらい心の悩みや不安を抱えた人は、どこへ相談しようと思うでしょうか?それが占い師です。

今、占いやスピリチュアルな市場は11兆円と言われています。そして一度電話占いのサイトをご覧になったらいつでも占い師を募集しています。今、占い師、それも心のケアもできる占い師の存在が求められているのです。

あなたの人生経験が仕事になる

「占い師になる人って特別な人じゃないの?」そう思っていませんか?もちろん、占い師になるためには、占いの知識をはじめ、いくつかのスキルを学ぶ必要があります。

でも占いの現場で一番求められることは「あなたがいままで生きてきた中で学んできたこと」つまりあなた自身の人生経験です。

あなたも恋愛や結婚、仕事のことなどで、悩み、苦しんだ経験はありますよね。そして、乗り越えるために努力したこと、またいま取り組んでいることがあるはずです。

そんな人生経験のすべてが仕事になる職業、それが占い師なのです。

占い師になることの5つのメリット

「占い師になりたい!」そんな気持ち高まってきましたか?占い起業はローリスクハイリターンで始めることができるビジネスです。実際、占い師になることにはこんな5つのメリットがあります。

  1. 人に奉仕する喜びを感じながら、感謝されお金を受け取ることができる
  2. ローリスクで開業でき、ランニングコストもかからなず、利益率が高い
  3. 時給は5000円以上。能力次第でいくらでも自分の時給を決めることができる。
  4. 好きな時間に好きな場所で仕事をする自由なライフスタイルを送ることができる。
  5. その気になればいくつになっても続けられる

 人に奉仕する喜びを感じながら、感謝されお金を受け取ることができる

占い師は占いや開運、運命学の知識を使って、人を幸せにするお仕事です。占い師になるためには、それらの知識を学ぶので、当然、自分も幸せになります。

人には愛されたいという気持ち以上に、誰かを愛したい、役に立ちたいという本能があります。人のお役に立ちながら、経済的に豊かさになれる仕事、これが占い師になることの何よりのメリットでしょう。

ローリスクで開業でき、ランニングコストもかからなず、利益率が高い

基本的に占い師はその気になればスマホ一つでいつでもどこでも開業できることができます。また、その後のビジネスにかかる費用も他の業種に比べたら低く抑えられます。もちろん、店舗を構えたり、大々的に広告を出してなどビジネスモデルによってランニングコストはかわりますが、基本は通信費+アルファ程度で済みます。在庫を持つ必要がなく、利益率がとても高いビジネスです。

好きな時間に好きな場所で仕事をする自由なライフスタイルを送ることができる。

最近では店舗を構える対面型よりも、スカイプ(電話)やチャットでの鑑定が人気です。なのでネットがつながる場所なら、どこでも仕事をすることができます。今、流行りのノマド(遊牧民的に好きな場所で仕事をするワークスタイル)も可能です。

クライアントさんが集中する時間帯は夜の20時以降や土日、つまり普通の企業の方がお仕事を終える時間帯です。ですので、最初は副業として二束のわらじを履きながら始めることができます。

また女性なら出産や育児、介護など、外で働いたり、就職して定時勤務するのが難しいときもありますよね。でも占い師なら自分のライフスタイルに合わせて働き方を選ぶことができるのです。

時給は5000円以上。能力次第でいくらでも自分の時給を決めることができる

鑑定料ですが、私が電話占い会社に所属していたとき1分200円からスタートしました。1時間では12000円ですね。ただし占い会社に所属していたら30~50%が手取りとなります。(これは会社によって異なります)

それでも、時給は5~6000円。コンビニでバイトをすることを考えたら、8倍以上の金額ですよね。

辞める前は1分300円、60分で18000円ぐらいになりました。月に10人も鑑定すると、らくらく月10万は超えますよね。またイベント出演では日給30000円(実働は4時間程度)で鑑定していました。

独立すると、鑑定料金はほぼすべて自分で自分の収入になります。また自分で鑑定料金を決めることもできます。鑑定料金は経験やスキルによって変わりますが、超ベテランの先生になると、1時間の鑑定料金は5万から10万など、スキル次第でいくらでも自分で自分の時給を決めることができます。

その気になればいくつになっても続けられる

占いには定年はありません。また女性だからといって差別されることなもちろんありません。「自分が続けていきたい」と思ったら、生涯現役で続けることも可能です。

占い師の活躍の場

占い師の活躍の場は鑑定だけではなく、カルチャーセンターの講師になったり、自分で講座を開いて占いを教えることもできます。また占い系の記事はウェブサイトなどで需要がありますので、ライターとして記事を執筆したり、スマホアプリの開発など、多岐に渡ります。

あなたのオリジナル占いを作るのも面白いですよね。あなたのアイディアとがんばりしだいで、いくらでも可能性を広げていくことができる、それが占い師というお仕事なのです。

占い師になるデメリット

だた、やはりデメリットもあります。一つは占いに対する偏見です。少し前ですが、某人気お笑いタレントが占い師に洗脳されて大金をだまし取られたという話題がありましたよね。一部には霊感商法や高額の祈祷など怪しげな占い師も残念ですが、存在します。

ただ、それはあなた自身が誠意を持ってお仕事すればクリアできる問題です。

なので、そういった怪しげな占い師を反面教師に、ご自身の占いスタイルを作っていってくださいね。

また、これは後程詳しくお話ししなすが、やはり占い依存の方や占い師に自分のいいたいことを言って欲しいだけの方、扱いが難しいお客様もいらっしゃいます。

占い師というのも一種の客商売です。客商売であれば、いろいろな方が来られるのは、これは占い師に限らずどんなお仕事でも一緒ですよね。これは本当に占い師になることをコミットすれば、乗り越えていくことができるでしょう。

まとめ

占い師は人のお役に立てるという精神的な満足面はもちろん、ビジネスモデルとしても低コストで利益率の高いとても優れたビジネスモデルです。またこれからもますます社会で求められる仕事と言えるでしょう。あなたがもし占い師になりたいと思ったら、ぜひ、前向きにチャレンジしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*